第71回日書展 盛会裡に閉幕
第71回日書展 盛会裡に閉幕

 会期:平成29年1月4日(水)〜10日(火)
 場所:東京都美術館




本院主催「第71回日書展」は1月4日、東京都美術館にて開幕。同10日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて約1600点の作品を展示。7日間で約2万2000人もの観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日には、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、漢字部・遠矢桂章氏がその栄誉を射止めました。
同8日、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が実施され、集まった観客を大いに沸かせました。
また、同会場内で併催された「第71回教育部展」ならびに「第61回全国競書大会」の展覧会場では、出品者の両親や祖父母連れなど家族や関係者が訪れ、連日賑わいました。
次回展は平成30年1月4日から10日まで、同じく東京都美術館にて開催いたします。ご期待ください。


  ※第71回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号で特集記事を掲載します。
  ぜひご覧ください。

    
    

第71回日書展 特別賞受賞者決定!
第71回 日書展 特別賞受賞者決定!

本院主催「第71回日書展」において、日書展特別賞である「サンスター国際賞」ならびに「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの入賞者が決定しました。
受賞作品は、東京都美術館にて1月10日(火)まで展示されています。
また、1月8日(日)午後1時30分より、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が開催されます。ぜひご来場ください。

会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
会 期:平成29年1月4日(水)〜10日(火)
    入場=9:30〜17:30(入場は17:00まで)
       ※最終日(10日)は15:00閉会(入場は14:30まで)
    入場無料

    お問い合わせ:一般財団法人 日本書道美術院 事務局
           電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
           E-mail:info@nishobi.org



【第71回日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
漢字部   遠矢桂章  (三学舎)

〔日本書道美術院 春敬賞〕
かな部   森廣青寿  (光荘会)

〔日本書道美術院 梅華賞〕
漢字部   須田千畦  (芳池会)
かな部   佐々木玉朗 (玉青会)
新書芸部  鈴木敬藤  (墨渚会)
篆刻部   奥園信子  (銀座篆刻会)

〔日本書道美術院 大賞〕
かな部   西澤綾玉  (銀扇会)

〔日本書道美術院 準大賞〕
漢字部   海沼苳恵  (帯門会)
漢字部   坂東遠樹  (光荘会)
かな部   有賀仁美  (墨佑社)
かな部   河田芳暁  (あづさ書藝社)
かな部   山野みどり (さきくさ会)
新書芸部  加藤楊仙  (島根会)

           ◇ ◇ ◇

【第71回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)

【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    西村玉草
〔毎日新聞社賞〕      ベンジャー恵風
〔全日本書道連盟賞〕    兼松碩遠
〔日本書道美術院理事長賞〕 西澤月幸

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    森  緑
〔毎日新聞社賞〕      椎名侑碧
              松島華游
〔全日本書道連盟賞〕    川手悦子
              齋藤三智子
              武岡淑子              
〔日本書道美術院理事長賞〕 浅川溪鳳
              大林真由美
              片家 祥
              木埜山美紀枝
              佐藤眞喜子
              珠田尚美
              馬場弓子
              平田美智子


【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    木村節巴
〔毎日新聞社賞〕      小森美千子
〔全日本書道連盟賞〕    高濱久虹
〔日本書道美術院理事長賞〕 森山美穂

【篆刻部 第一科】
〔日本書道美術院理事長賞〕 鬼澤静江

第71回日書展開催のご案内

  
  会 場: 東京都美術館(東京・上野公園内)
  会 期: 平成29年1月4日(水)〜10日(火)
          9:30〜17:30(入場は17:00まで)
         ※最終日(10日)は15:00閉会(入場は14:30まで)
          入場無料


日本書道美術院主催による「第71回日書展」が、東京都美術館にて、平成29年1月4日(水)〜10日(火)まで開催されます。
「日書展」では日本書道美術院に所属する書壇の代表作家1,000名と、一般より公募の熱意みなぎる入選作品を加えて、現代書道作品の大山脈を築き上げます。
併催の「教育部展」は、書写・書道教室の振興を図ることを目的に、次代を担う児童生徒の育成を主な目的として開催され、今年で71回目をかぞえます。
同じく併催の「全国競書大会」は、全国の学生生徒と大人を対象に、日頃の稽古鍛錬の成果を競うことを目的に「半紙作品」を展観いたします。

会期中は、出品作品の解説を行う臨場解説(1月4日[水]、6日[金]、9日[月] の14時より)のほか、日書展特別賞である「サンスター国際賞」「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者による席上揮毫を1月8日(日)13時30分よりに開催いたします。

歴史と伝統を誇る斯界を代表する一大書道展を、ぜひご覧ください。


〔お問い合わせ〕
一般財団法人 日本書道美術院 事務局
        電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
        E-mail:info@nishobi.org

「第71回 日書展」一般部公募規定発表!
半世紀を超える歴史と伝統を誇る大書道展

「第71回 日書展」一般部公募規定発表!


昭和21年、戦後書壇史における歴史的な第一歩となった第1回展を
東京都美術館にて開催以来、来年で第71回を迎える一大書道展「日書展」
の一般公募規定が発表されました。
第71回展は、平成29年1月4日(水)から東京都美術館(上野公園)にて開催いたします。
歴史と伝統を誇る斯界を代表する書道展に、ふるってご参加ください。


  

  
第70回日書展 盛会裡に閉幕
第70回日書展 盛会裡に閉幕

 会期:平成28年1月4日(月)〜10日(日)
 場所:東京都美術館




本院主催「第70回日書展」は1月4日、東京都美術館にて開幕。同10日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて約1600点の作品を展示。第70回を迎える今回展では、日書美創立70周年を記念して特別展示「鄭道昭と龍門の世界」も開催され、7日間で約2万3000人もの観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日に、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、かな部・名和玉芳氏がその栄誉を射止めました。
同8日には、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が実施され、集まった観客を大いに沸かせました。
また、同会場内で併催された「第70回教育部展」ならびに「第60回全国競書大会」の展覧会場では、出品者の両親や祖父母連れなど家族や関係者が訪れ、連日賑わいました。
次回展は平成29年1月4日から10日まで、同じく東京都美術館にて開催いたします。ご期待ください。


  ※第70回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号・4月号で特集記事を
   掲載します。ぜひご覧ください。

    
    

第70回日書展 特別賞受賞者決定!
第70回 日書展 特別賞受賞者決定!

本院主催「第70回日書展」において、日書展特別賞である「サンスター国際賞」ならびに「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの入賞者が決定しました。
受賞作品は東京都美術館にて1月10日(日)まで展示されています。
また、1月8日(金)午後1時30分より、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が開催されます。ぜひご来場ください。

会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
会 期:平成28年1月4日(月)〜10日(日)
    入場=9:30〜17:30(入場は17:00まで)
       ※最終日(10日)は15:00閉会(入場は14:30まで)
    入場無料

    お問い合わせ:一般財団法人 日本書道美術院 事務局
           電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
           E-mail:info@nishobi.org



【第70回日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
かな部   名和玉芳 (玉青会)

〔日本書道美術院 春敬賞〕
新書芸部  真辺明静 (島根会)

〔日本書道美術院 梅華賞〕
漢字部   西川秋園   (日本墨書会)
かな部   須田晴鳳   (立誠書道院)
かな部   長谷川玉莉 (銀扇会)
かな部   藤井治美  (東門会)
かな部   目秦魁舟  (墨佑社)

〔日本書道美術院 大賞〕
かな部   牛田尚子  (玉青会)

〔日本書道美術院 準大賞〕
漢字部   桑原竹美  (群馬書作家協会)
漢字部   吉川玉兎  (三学舎)
かな部   相吉厚研  (光荘会)
かな部   岩崎淳子  (春光会)
かな部   林ひとみ  (恒香会)
新書芸部  森作朗誠  (現代書道研究所)

           ◇ ◇ ◇

【第70回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)

【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    川島登遊
〔毎日新聞社賞〕      佐藤敬陽
〔全日本書道連盟賞〕    梶浦苳慧
〔日本書道美術院理事長賞〕 大西尚月
              内藤芳春

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    高橋謠子
〔毎日新聞社賞〕      小澤尚雲
              岸田美代子
〔全日本書道連盟賞〕    仙葉久美
              藤江倫世
              水谷智華子              
〔日本書道美術院理事長賞〕 川本知子
              木下恵美子
              草野真理子
              珠田尚美
              馬場青慧
              早川菜穂子

【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    吉川南城
〔毎日新聞社賞〕      嘉手納千賀子
〔全日本書道連盟賞〕    中嶋藤粹
〔日本書道美術院理事長賞〕 小森美千子

【篆刻部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    市川香代子

第69回日書展 盛会裡に閉幕
第69回日書展 盛会裡に閉幕

 会期:平成27年1月4日(日)〜10日(土)
 場所:東京都美術館




本院主催「第69回日書展」は1月4日、東京都美術館にて開幕。同10日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて約2000点の作品を展示。6日間で1万2000人を超える観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日には、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、漢字部・木島永竣氏がその栄誉を射止めました。
同8日、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が実施され、集まった観客を大いに沸かせました。
また、同会場内で併催された「第69回教育部展」ならびに「第59回全国競書大会」の展覧会場では、出品者の両親や祖父母連れなど家族や関係者が訪れ、連日賑わいました。
次回展は平成28年1月4日から10日まで、同じく東京都美術館にて開催いたします。ご期待ください。


  ※第69回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号で特集記事を掲載します。
   ぜひご覧ください。

    
    

第69回日書展 特別賞受賞者決定!
第69回 日書展 特別賞受賞者決定!

本院主催「第69回日書展」において、日書展特別賞である「サンスター国際賞」ならびに「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの入賞者が決定しました。
受賞作品は東京都美術館にて1月10日(土)まで展示されています。
また、1月8日(木)午後1時30分より、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が開催されます。ぜひご来場ください。

会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
会 期:平成27年1月4日(日)〜10日(土)
    入場=9:30〜17:30(入場は17:00まで)
       ※最終日(10日)は15:00閉場(入場は14:30まで)
    休館日=1月5日(月)
    入場無料

    お問い合わせ:一般財団法人 日本書道美術院 事務局
           電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
           E-mail:info@nishobi.org


【第69回 日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
漢字部  木島永竣  (墨渚会)

〔日本書道美術院 春敬賞〕
かな部  藤澤草研  (南日書道協会)

〔日本書道美術院 梅華賞〕
漢字部  酒井暁雨  (帯門会)
かな部  堀井寛史  (恒香会)
新書芸部 加藤司玲  (現代書道研究所)


〔日本書道美術院 大賞〕
漢字部  松下恵雪  (墨渚会)

〔日本書道美術院 準大賞〕
漢字部  山口遠絢  (光荘会)
かな部  岩見朱鳳  (あづさ書芸社)
かな部  小野寺瓊舟 (現代書道研究所)
かな部  杉枝凌慶  (静岡書道美術会)
かな部  宮代和桑  (さきくさ会)
新書芸部 田尻瀬舟  (島根会)

           ◇ ◇ ◇

【第69回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)

【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    小池昇雲
〔毎日新聞社賞〕      梶浦苳慧
〔全日本書道連盟賞〕    中島光風
〔日本書道美術院理事長賞〕 佐藤敬陽

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    遠山智美
〔毎日新聞社賞〕      梶谷友子
              新田順子
〔全日本書道連盟賞〕    浅川溪鳳
              手塚星陵
              本坊佳代子
              三宅照子              
〔日本書道美術院理事長賞〕 大島美津子
              岡村凌謡
              奥島美苗
              小野かほる
              児玉仙雍
              寺元龍子
              桧野喜子
              矢野喜美代

【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    室井美香
〔毎日新聞社賞〕      園 緑波
〔全日本書道連盟賞〕    川井勝乃
〔日本書道美術院理事長賞〕 齋藤英媛

【篆刻部 第一科】
〔日本書道美術院理事長賞〕 宮田恵美子
第68回日書展 盛会裡に閉幕
第68回日書展 盛会裡に閉幕

 会期:平成26年1月4日(土)〜10日(金)
 場所:東京都美術館





本院主催「第68回日書展」は1月4日、昨年に引き続き東京都美術館にて開幕。同10日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて約2000点の作品を展示。6日間で1万人を超える観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日には、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、かな部・慶徳紀子氏がその栄誉を射止めました。
同8日、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が実施され、集まった観客を大いに沸かせました。
また、同会場内で併催された「第68回教育部展」ならびに「第58回全国競書大会」の展覧会場では、出品者の両親や祖父母連れなど家族や関係者が訪れ、連日賑わいました。
次回展は平成27年1月4日から10日まで、同じく東京都美術館にて開催いたします。ご期待ください。


  ※第68回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号で特集記事を掲載します。
   ぜひご覧ください。

    

    

第68回日書展 特別賞受賞者決定!
第68回 日書展 特別賞受賞者決定!

本院主催「第68回日書展」において、日書展特別賞である「サンスター国際賞」ならびに「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの入賞者が決定しました。
受賞作品は東京都美術館にて1月10日(金)まで展示されています。ぜひご来場ください。

会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
会 期:平成26年1月4日(土)〜10日(金)
    休館=1月6日(月)
    入場=9:30〜17:30(入場は17:00まで)
       ※最終日(10日)は14:30閉場
    入場無料


    お問い合わせ:一般財団法人 日本書道美術院 事務局
           電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
           E-mail:info@nishobi.org

【第68回 日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
かな部  慶徳紀子  恒香会

〔日本書道美術院 春敬賞〕
かな部  大浜耀玉  銀扇会

〔日本書道美術院 梅華賞〕
漢字部  鈴木春瑛  光荘会
かな部  坪井祥仙  墨佑社
新書芸部 米田紫穂  島根会
篆刻部  大熊白蹊  篁玄会


〔日本書道美術院 大賞〕
かな部  天野玉萌  玉青会

〔日本書道美術院 準大賞〕
漢字部  金井溪扇  日本墨書会
漢字部  田中苳瞬  帯門会
かな部  浦野春喜  光荘会
かな部  高村敬貴  春敬書道院
かな部  竹盛章夕  湘帆会
新書芸部 佐藤青光  青洋会

           ◇ ◇ ◇

【第68回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)

【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    松永苳彩
〔毎日新聞社賞〕      小池昇雲
〔全日本書道連盟賞〕    神尾翔童
〔日本書道美術院理事長賞〕 佐川研瑩
              若林小鈴

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    奥島美苗
〔毎日新聞社賞〕      亀岡音佳
              辻 昌子
              遠山智美
〔全日本書道連盟賞〕    生貝泉椎
              梶谷友子
              斉数良江
              本坊佳代子              
〔日本書道美術院理事長賞〕 青嶋治恵
              佐藤眞喜子
              杉田清子
              鈴木玉英
              田部司斉
              手塚星陵
              宮田英子
              矢野喜美代

【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    熊坂晃世
〔毎日新聞社賞〕      吉田穂央
〔全日本書道連盟賞〕    吉松奏心
〔日本書道美術院理事長賞〕 島 淳子
              中嶋藤粹

【篆刻部 第一科】
〔全日本書道連盟賞〕    条谷 泉
第68回教育部展・第58回全国競書大会 入賞者発表!
第68回教育部展・第58回全国競書大会 入賞者発表!

本院主催「第68回教育部展」ならびに「第58回全国競書大会」の入賞者が発表されました。
入賞者目録は、下記バナーからご覧いただけます。
「第68回教育部展」は入賞者全員、「第58回全国競書大会」は書芸文化院賞以上の入賞者が掲載されています。
また、入賞作品は、東京都美術館で開催されている第68回日書展会場内にて、1月10日(金)まで展示されます(※全国競書大会は、一般部は書道美術特別賞以上、教育部は書芸文化院賞以上の作品を展示)。
ぜひご来場ください。

次回展も、皆さまからのたくさんのご出品をお待ちしております。ふるってご参加ください。


     

   【第68回日書展】
    会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
    会 期:平成26年1月4日(土)〜10日(金)
        休館=1月6日(月)
        入場=9:30〜17:30(入場は17:00まで)
           ※最終日(10日)は14:30閉場
        入場無料


    お問い合わせ:一般財団法人 日本書道美術院 事務局
           電 話:03-3291-1656(平日9:00〜17:00)
           E-mail:info@nishobi.org
第67回日書展 盛会裡に閉幕
第67回日書展 盛会裡に閉幕

 会期:平成25年1月4日(金)〜10日(木)
 場所:東京都美術館





本院主催「第67回日書展」は、3回展ぶりに東京都美術館に舞台を戻し、1月4日に開幕。同10日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて約2000点の作品を展示。6日間で2万人を超える観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日には、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、かな部・荻原玉汀氏がその栄誉を射止めました。
同8日、会場内で特別賞受賞者による席上揮毫会が実施され、集まった観客を大いに沸かせました。
また、同会場内で併催された「第67回教育部展」ならびに「第57回全国競書大会」の展覧会場では、出品者の両親や祖父母連れなど家族や関係者が訪れ、連日賑わいました。
次回展は平成26年1月4日から10日まで、同じく東京都美術館にて開催します。ご期待ください。


    

    

※第67回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号で特集記事を掲載します。ぜひご覧ください。
第67回教育部展・第57回全国競書大会 入賞者発表!
第67回 教育部展第57回 全国競書大会 入賞者発表!


 本院主催「第67回教育部展」ならびに「第57回全国競書大会」の入賞者が発表されました。
 入賞者目録は、下記バナーからご覧いただけます。
「第67回教育部展」は入賞者全員、「第57回全国競書大会」は書芸文化院賞以上の入賞者が掲載されています。
 入賞作品は、東京都美術館で開催されている第67回日書展会場内にて1月10日(木)まで展示されます。ぜひご来場ください。

 次回展も、皆さまからのたくさんのご出品をお待ちしております。ふるってご参加ください。


     

   【第67回日書展】
    会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
    会 期:平成25年1月4日(金)〜10日(木)
        休館=1月7日(月)
        入場=9:30〜17:00 ※最終日(10日)は14:30まで
        入場無料


    お問い合わせ:財団法人 日本書道美術院 03-3291-1656

第67回日書展 特別賞受賞者決定!
第67回 日書展 特別賞受賞者決定!

 本院主催「第67回日書展」において、日書展特別賞である「サンスター国際賞」ならびに「春敬賞」「梅華賞」「大賞」「準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの入賞者が決定しました。
 受賞作品は東京都美術館にて1月10日(木)まで展示されています。ぜひご来場ください。

会 場:東京都美術館(東京・上野公園内)
会 期:平成25年1月4日(金)〜10日(木)
    休館=1月7日(月)
    入場=9:30〜17:00 ※最終日(10日)は14:30まで
    入場無料
お問い合わせ:財団法人 日本書道美術院 03-3291-1656



【第67回 日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
かな部  荻原玉汀  玉青会

〔日本書道美術院 春敬賞〕
漢字部  青柳春花  日本墨書会

〔日本書道美術院 梅華賞〕
かな部  山崎敬柴  春敬書道院
かな部  米津菊川  東門会
新書芸部 松藤春蝉  現代書道研究所
篆刻部  濟田江浦  管城会

〔日本書道美術院 大賞〕
かな部  山下睦芳  あづさ書藝社

〔日本書道美術院 準大賞〕
漢字部  桑原推昂  群馬書作家協会
漢字部  豊島馨水  墨渚会
かな部  岩崎 優  恒香会
かな部  坂本薔子  春光会
かな部  三角清桑  さきくさ会
新書芸部 小山春榎  光荘会

           ◇ ◇ ◇

【第67回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)
【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕   山口知盈
〔毎日新聞社賞〕     神野周遠
〔全日本書道連盟賞〕   武藤胡秀
〔日本書道美術院理事長賞〕中島小華
             松永苳彩

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕   西澤綾玉
〔毎日新聞社賞〕     大場輝芳
             高井はるみ
             山田幸江
〔全日本書道連盟賞〕   秋吉葉子
             大久保貞美
             小野田美鈴
             近藤澄代

〔日本書道美術院理事長賞〕井上司暹
             岩本恵舟
             大場昌子
             岸 春焱
             佐藤啓子
             白鳥洋子
             杉田清子
             田島玲子
             藤田美和子

【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕   喜多村穂冴
〔毎日新聞社賞〕     松崎桂花
〔全日本書道連盟賞〕   加藤朗慶
〔日本書道美術院理事長賞〕片山笙晃
             真栄城智子

【篆刻部 第一科】
〔全日本書道連盟賞〕   小宮英敬
第66回 日書展 盛会裡に閉幕
第66回 日書展 盛会裡に閉幕






会 期:平成24年1月4日(水)〜9日(月)
会 場:池袋サンシャインシティ
    ワールドインポートマート4階 展示ホールA全館


 本院主催「第66回日書展」が、昨年に引き続き池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階・展示ホールAにて1月4日に開幕し、同9日、盛会裡に閉幕しました。
今回展では、本院所属の書壇を代表する書作家の作品と一般公募作品併せて2000点を超える作品を展示。6日間で13,000人を超える観客が訪れ、大盛況を博しました。
会期初日の4日には、本展最高賞であり書道界唯一の国際賞である「サンスター国際賞」の選考が行われ、厳正な審査の結果、漢字部・吉田菁風理事がその栄誉を射止めました。
 また、同会場内にて併催された「第66回教育部展」「第56回全国競書大会」展示会場では、家族連れで訪れる観客で連日大いに賑わいました。
※第66回日書展の関連記事は、『書道美術』2月号・3月号で特集記事を掲載します。ぜひご覧ください。





2012 日書展 特別賞決まる
第66回 日書展 特別賞受賞者決まる!

 本院主催「第66回日書展」におきまして、特別賞であります「サンスター国際賞」「春敬賞」「梅華賞・大賞・準大賞」の各受賞者をはじめ、公募最高賞「日本書道美術院賞」などの公募作品入賞者が下記の通り決定いたしました。
 受賞作品は下記の会場にて1月9日(月)午後3時まで展示されています。ぜひご来場ください。

会 場:池袋サンシャインシティ
    ワールドインポートマート4階 展示ホールA全館
会 期:平成24年1月4日(水)〜9日(月)

      10:00〜17:00 ※ただし 9日(最終日)は 15:00 まで


【第66回日書展 特別賞受賞者】

〔サンスター国際賞〕
 漢字部   吉田菁風  芳池会

〔日本書道美術院 春敬賞〕
 かな部   秋山光芳  あづさ書藝社

〔日本書道美術院 梅華賞〕
 漢字部   金谷柳谿  芳池会
 かな部   吉野玉庸  さきくさ会
 新書芸部  脇坂穂苑  春敬書道院

〔日本書道美術院 大賞〕
 かな部   安達雅子  銀扇会

〔日本書道美術院 準大賞〕
 漢字部   津村廂雨  帯門会
 漢字部   古屋玉華  三学舎
 かな部   後藤幽智  墨佑社
 かな部   小林玉栖  玉青会
 かな部   瀧花祥子  東門会
 かな部   二見春虹  光荘会
 新書芸部  大須賀青玉 青洋会


           ◇ ◇ ◇ 

【第66回日書展 公募作品入賞者】(理事長賞以上)

【漢字部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    吉川玉兎
〔毎日新聞社賞〕      福田樹萋
〔全日本書道連盟賞〕    滝野房泉
〔日本書道美術院理事長賞〕 斎藤青扇
              松村茂葉

【かな部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    根本有希子
〔毎日新聞社賞〕      大倉玉佳
              岡部裕子
              平原芳菊
              山田幸江
〔全日本書道連盟賞〕    大島美津子
              竹下明雪
              中島慧春
              森川仙唱
〔日本書道美術院理事長賞〕 井出千尋
              櫻井あゆみ
              篠崎治子
              鈴木教代
              土舘暁雨
              水流添邦光
              西原寛子
              平井美和子
              望月伊公子
【新書芸部 第一科】
〔日本書道美術院賞〕    中嶋駿昶
〔毎日新聞社賞〕      野津水和
〔全日本書道連盟賞〕    小見川穂祐
〔日本書道美術院理事長賞〕 加藤朗慶
              村松久光

▲このページのトップへ